害獣の駆除なら害獣駆除110番|さまざまな害獣のサイン

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

さまざまな害獣のサイン

病原菌を媒介したり、糞尿などによって住環境を不衛生にするなど、人間にとってさまざまな被害を引き起こす害獣。これらの被害を最小限に抑えるためには、その侵入のサインを知ることで存在を確認し、それぞれに適した対策を講じることが必要です。住宅に侵入する害獣として最も身近なものであるのはネズミ。ネズミの習性として、糞や尿を撒き散らしながら移動することがあります。そのため、天井や壁などの部屋の隅にそれらが残っていたり、体の汚れが黒い線となって付着したりしているようであれば、それがネズミが侵入しているいわゆる「ラットサイン」です。特に糞や尿は、人間のそれに近い刺激臭を放っているため、発見も比較的容易になります。 また、最近侵入の報告があとを絶たないのがコウモリ。日本に多く生息する「アブラコウモリ」は、基本的に小型であるため、隙間が2cmもあれば住宅の中に侵入することが可能です。侵入口となりそうなところの外壁が黒ずんでいる、夜中になると屋根裏で激しい物音がする、天井に尿のシミのようなものがある、といった場合は、コウモリの侵入を疑ったほうが良いかもしれません。 こういった害獣が侵入しているサインは、その存在の確認だけでなく、侵入口や侵入経路の発見にも役立ちます。しかしながら、ネズミやコウモリのほかにも住宅に侵入してくる害獣の種類は複数あるため、一般の方がそのサインを見ただけで判断するのは難しい場合がほとんどです。適切な害獣駆除を行うためには、その侵入のサインを基に、駆除業者に相談することが大切です。