害獣の駆除なら害獣駆除110番|よく分かっていないハクビシン

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

よく分かっていないハクビシン

害獣駆除には実際に被害が出ていなくても、その害獣がいると分かった段階で駆除をすることができる予防駆除というものがあります。しかし、ハクビシンの場合にはそれができません。ハクビシンはどうしてここ日本に生息しているのか、その歴史的な経緯がよく分かっていないのです。もし予防駆除をする際には環境省がハクビシンを外来生物として指定をしないといけないのですが、そのためには明治以降に海外から入ってきたと断定できないといけません。アライグマの場合はそれができるのですが、ハクビシンの場合にはいつどの時期に入ってきたのかよく分かっていないのです。現在の主流の考えでは、明治以降に毛皮用の動物として輸入されたものが野生化したという説があります。しかし、江戸時代の漆器に描かれた蒔絵ではハクビシンのような動物が見つかっていますし、雷獣などハクビシンをモデルにしたような生き物や話が数多くあるのです。こちらにもそれなりの根拠があり、こうしたことから入ってきた時期がよく分からないとしてハクビシンは外来生物として指定されていません。もし皆さまがハクビシンを見つけたとしても、そのハクビシンが何かしらの実害を出さないと駆除をすることができないのです。