害獣の駆除なら害獣駆除110番|アライグマとタヌキ

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

アライグマとタヌキ

アライグマとタヌキはよく見分けが付きにくいと言われています。 どちらも都会ではあまり見かけないイメージがあります。 しかし少し地方へ出てみると夜ひっそりと歩いているのを目にすることが出来ます。 実は両方とも、身近にいるかもしれない動物なのです。 そんなアライグマとタヌキはどのように見分ければいいのでしょうか? 生物学的にはアライグマはアライグマ科の生き物ですが、タヌキはイヌ科の動物です。 もちろん全く違う生き物なのですが、特に顔の色や形がよく似ています。 しかしアライグマは耳が少し尖っていて、タヌキは丸い耳をしています。 またアライグマは縞模様の付いた立派なしっぽを持っていますが、タヌキは短いしっぽをしています。 足あともアライグマはまるで人間のような指を持った手をしています。このためアライグマは器用に前足を使うことができるのです。しかしタヌキはイヌのような足あとをしています。 特に注目したいのが性格です。アライグマは凶暴な性格をしていて、実際に見た人も恐れを知らない図々しい性格をしていると言い、攻撃性も強く、タヌキと間違えて無闇に近づこうとすると大怪我をする場合もあります。 一方でタヌキは臆病な性格です。自分達の縄張りに他のタヌキが入って来ても特に攻撃をしたりすることはありません。 しかしタヌキはため糞といって縄張りに糞を溜める習性を持っているため、家の中を縄張りにされては不衛生です。 せめてタヌキが寄り付かないようにとお考えの方も業者に予防をお願いしましょう。