害獣の駆除なら害獣駆除110番|イタチとハクビシン

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

イタチとハクビシン

当サイトでも承っております害獣駆除の中でも、イタチとハクビシンという2種類の動物が居ます。 実はこの2つの動物、似ているようで実は違う動物だということはご存知でしょうか? ハクビシンとイタチの違いその1:科が違う ハクビシンとイタチは見た目は似ていますが、じつは全く違う動物で、ハクビシンは「ジャコウネコ科ハクビシン族」なのに対して、イタチは「イタチ目イタチ科」に属する動物です。 ハクビシンとイタチの違いその2:食べ物が違う ハクビシンとイタチは「食肉目」という動物ですが、実は食べるものが少し違います。 ハクビシンの好物は果実、種子類、鳥の卵、鳥、カニ、昆虫類などで、どちらかと言うと植物性の食べ物を好む傾向があります。 イタチの好物は、ネズミ、モグラなど小動物、カエルなどの両生類、魚やカニなどの魚介類、更には人間の飼育する家畜やペットを漁るなど、肉食性であることがハクビシンとの大きな違いです。 ハクビシンとイタチの違いその3:日本に昔から住んでいるか ハクビシンは諸説ありますが、元々ユーラシア大陸に居たものが、古代の交易の際に日本に船荷と共に渡ってきたものが定住し始めたのが始まりと言われています。 対して、イタチはニホンイタチが古代から日本に生息している動物です。