害獣の駆除なら害獣駆除110番|ネズミとアライグマの特徴

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

ネズミとアライグマの特徴

我々の生活の中で人間に被害を及ぼす害獣には色々な種類のものがいます。ここではその中のネズミとアライグマをご紹介します。
・ネズミ
ネズミの名前の由来は、ネズミが夜行性で人間が寝静まった深夜に食料を食べることから寝盗みが転じて名付けられたと言われています
。ネズミの前歯は一生伸び続けるので、常に何か硬い物をかじって前歯をすり減らす行動をとります。もし硬い物をかじらないまま放置すると、伸びた前歯が口をふさいでしまい最終的には餓死してしまいます。
ネズミが人間に及ぼす害としては衛生上の害があげられます。ネズミに寄生したダニやノミにより病気を発症したり、悪臭や騒音による不快感や不眠などがあります。

・アライグマ
アライグマはアライグマ科アライグマ属に分類される哺乳類を総称していいます。エサを洗って食べることからその名前が付けられたと一般的に思われていますが、実際には前足を水の中に突っ込んで獲物を狩る姿がまるで手を洗っているように見えるということから名付けられました。
外見はタヌキに非常によく似ていて、長いふさふさとしたしっぽに黒い横縞があるのが特徴です。
主なアライグマの害としてあげられるのは、農作物を食い尽くしてしまう食害や、その凶暴性から飼っている家畜やペットを襲撃するといったことです。また、民家などの屋根裏に住みつき、糞による悪臭や走り回る騒音もよく問題とされています。

これらの害獣でお悩みの際は、害獣駆除業者に確実な対処を依頼しましょう。