害獣の駆除なら害獣駆除110番|ハクビシンの幼獣が育つと被害が増します

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

ハクビシンの幼獣が育つと被害が増します

野生動物の子供は、親から離れるのがとても早いそうです。寿命の違いを考えても、人間なら20年近く親元にいるのに、野生動物だと1年もしないうちに、自分で餌を取り、住処を見つけて子供を産み始めます。 この違いが、害獣による被害が増す原因になっていることをご存知でしょうか? 例えば、つがいのハクビシンから、3頭の子供が産まれたとしましょう。この3頭の子供が大人になれば、成獣のハクビシンが5頭居ることになります。最初の倍以上になっているわけですから、食害や糞害の被害も、それまで以上のものになるのは明白です。 更に、この3頭がパートナーを見つけて、また3頭の子供を産むと、3*3で9頭の子供が産まれることになり、全体の数としては親世代が2頭、子世代が6頭、孫世代が9頭になります。合計17頭、たったの3世代で最初のほぼ9倍に膨れ上がりました。 もちろん、実際には途中で死んでしまったり、他の場所に移り住むハクビシンのほうが多いかもしれませんが、一般的にハクビシンは群れを作って生活するので、もしご自宅がその拠点となってしまうと、大変な被害になります。 万が一、ハクビシンが繁殖している事を見つけたら、早めに対策を打つことが必要です。もし、お困りのことがあれば事前調査無料の当サイト、害獣駆除naviにご相談ください。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。