害獣の駆除なら害獣駆除110番|ハクビシンの扱いが難しい理由

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

ハクビシンの扱いが難しい理由

害獣駆除には予防的に駆除をする予防駆除というやり方があります。害獣の被害が出てから害獣駆除をするのではなく、被害が出る前に駆除をするのです。しかし、ハクビシンの場合は予防駆除が難しくなっています。この害獣駆除のやり方を実施するにはハクビシンを外来生物として指定しないといけません。しかし、環境省はなかなかそれができずにいます。その理由としてはハクビシンの由来がよく分かっていないという点があるのです。アライグマなどの場合はいつ海外から入ってきたのかが分かりますので外来生物の指定が簡単で、害獣駆除の予防駆除のハードルも高くありません。しかしハクビシンは、外来生物の規定である明治以降に海外から入ってきたかどうかがよく分かっていないのです。明治以降に毛皮用の動物として輸入されたというのが主流派の意見ではありますが、江戸時代からハクビシンは日本にいたという説もありますので具体的に時期の特定が難しくなっています。こうした点からハクビシンは予防駆除をすることができません。皆さまの近くでハクビシンがいたとしても、それだけで害獣駆除をすることはできませんのでご注意ください。その他の害獣は予防駆除ができますので、姿を見た段階で早めにご相談ください。