害獣の駆除なら害獣駆除110番|ペットに被害が及ぶこともあります

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

ペットに被害が及ぶこともあります

皆さんの中には、犬を外で飼ったりネコを自由に家の外へ出している人もいるかもしれません。しかし、害獣がペットを襲うことがあるので、注意が必要です。ペットを襲う可能性がある害獣は、アライグマとハクビシンです。アライグマは可愛らしい見た目をしていますが、凶暴な性格の害獣で、体の大きさはネコよりも大きいので、外で飼われている犬を襲う事件が起きています。アライグマは噛みつく力が強く、前足には鋭い爪を持っていますので、飼い犬が怪我をしてしまうこともあるようです。アライグマの天敵は大型の肉食獣なのですが、日本にはそのような野生動物が生息していないので、外来種のアライグマがどんどん繁殖してしまった原因となっています。タヌキに近い種類の害獣で、タヌキに間違われることがありますが、タヌキは日本の在来種の動物です。一方、ハクビシンは、ネコに似た愛嬌のある外見の害獣です。ハクビシンは野菜や果物が大好きで、畑で農作物を食べ荒らします。ハクビシンは雑食性なので、野良ネコとエサを巡ってケンカをすることがあるようです。このように、害獣は、皆さんが飼っているペットに被害を及ぼす可能性があります。害獣の発生が確認されたら、犬は室内で飼い、ネコは外に出さないことがおすすめです。また、害獣の駆除は駆除を行う業者に依頼するようにしましょう。