害獣の駆除なら害獣駆除110番|人の暮らしのすぐ側にいる野生動物

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

人の暮らしのすぐ側にいる野生動物

一般的には野生動物として認識されているような動物が、私たちの家に住み着き被害を及ぼす害獣となってしまうことがあります。山などの側に住んでいる人にとってはシカ、サル、イノシシに畑を荒らされるなど困った被害を及ぼすこともありますが、人のほうが動物のテリトリーに侵入していったために起こった被害とも言えます。近年、環境破壊により生息地の餌が不足する、生息地そのものが無くなってしまうという理由から人と野生動物の距離はさらに近くなっています。また、アライグマ、マングース、チョウセンイタチなど本来生息地でなかった場所に人の手により持ち込まれ繁殖が進んだ結果、被害を及ぼしてしまうという場合もあり、この場合その被害は人災とも言えます。人と動物が共存して生きていくというのが理想なのでしょうが、現代の人の生活では野生動物との関わりは被害を及ぼす害獣と呼ばれることがほとんどなのです。農作物への被害や、感染症などを防ぐために必要となる害獣駆除ですが、ただ目の前にいる動物を追い払うだけでなく、なるべくお互いのテリトリーを侵さないような方法が求められています。ペットであった小型動物を勝手に捨てたりしないということも地域全体の害獣被害を抑えるために当然守らなければなりません。自然を大切にしようという思想は小さな子供にも伝えられるようになり意識が高まっていると思われます。人と動物の適切な距離感、モラルを徹底することで害獣と呼ばれる動物が少しでも減っていくように考えていけるとよいですね。