害獣の駆除なら害獣駆除110番|人を襲うことも

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

人を襲うことも

皆さまの中で公園でつい鳩に餌を上げてしまうという方はいらっしゃいませんか。食べ物を求めてよちよち歩いてくる姿は愛らしいことでしょう。
他にも公園や街にいる野良猫や野良犬にも、小さくて可愛いからという理由で食べ物を与えてしまう方がいらっしゃると思います。
しかし、公園の場合も街中の場合も「野生動物に餌を与えないで下さい」といった注意書きがあるはずです。人が餌を与えてしまうとそこで餌が貰えると学習して、野生動物が増えてしまうから禁止されています。糞の被害などがあるからです。
これは害獣にも同じことがいえます。
イタチ、アライグマ、ハクビシンといった生き物が害獣として扱われますが、どれも大きくない生き物です。体長が1メートルを超えることはなく、この中で一番大きくなるハクビシンでも最大70センチ前後の大きさです。
見た目もふさふさした毛に覆われており、可愛いと思われることも多いでしょう。
しかし、この3つの種類の害獣はどれも凶暴な性格をしています。積極的に自ら人を襲うことはあまりありませんが、特にイタチは獰猛で、自分より大きな動物にも襲いかかります。
もしペットを飼われている方の場合は、そのペットを襲ってしまうことも。その時にペットを助けようとして、人が怪我をしてしまうこともあります。
冬の時期になり、寒さから人が家にいるのと同じで害獣も屋根裏などの室内に入り込んでしまいます。
もし部屋の中で害獣と対面しても、小さいからといって自分で捕まえようとはしないで下さい。可愛い外見でも牙や爪のある動物です。
噛みつかれたり、引っかかれたりするとそこから細菌感染がありますし、そもそも野生動物は人にとって不衛生です。
害獣の気配を感じたり、実際に出会ってしまった場合はなるべく刺激をせずに、やりすごして下さい。
そして是非当サイトにご相談を。24時間365日受付対応いたします。