害獣の駆除なら害獣駆除110番|勝手に駆除してはいけません

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

勝手に駆除してはいけません

家や畑を荒らす害獣は年々増えており、こうした害獣の被害にお悩みの方から当サイトに多数お問い合わせがあります。 多くは家の屋根裏に住み着き、糞をまき散らしたり、ダニやノミを連れてきてしまい、一度害獣の被害に遭うと、害獣の駆除だけではなく衛生害虫の駆除や、尿による腐敗や爪で傷つけられた部分の修復にも費用が掛かってしまいます。 害獣は非常に厄介な存在ですが、多くの動物が法律により保護されています。 動物の保護というと、「動物愛護法」を思い出すのですが、これは虐待や無闇な繁殖から動物や地域社会を守るものであって、駆除を禁止している法律ではありません。 害獣と呼ばれる鳥類や哺乳類の多くは「鳥獣保護法」という法律によって保護されています。 こうした法律が無いと動物は乱獲されてしまう恐れがあるため、いくら害獣であっても保護されているのです。 中には自分で動物の駆除をしようと考える人もいますが、基本的に動物を駆除するためには、 まず行政機関から許可が必要になり、これを破ると罰せられる可能性があります。 もし害獣を見かけても無闇に自分で駆除することは絶対に止め、 まずは害獣駆除のプロにご相談ください。 当サイトは許可の申請から駆除の方法まで何でもお問い合わせ頂けます。