害獣の駆除なら害獣駆除110番|外での餌やりに注意

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

外での餌やりに注意

大型犬を飼育されているご家庭では、お庭に小屋を立ててそこで飼育されている方も多いようです。また、近所の野良猫に餌付けをしている方もいるでしょう。
この場合、餌についてもお外で食べさせている例もあるでしょうが、この場合は餌の管理をきちんとしておく必要があります。
ペットにも好き嫌いがあるでしょうから、たまには餌を残してしまう事があります。いつまでもそういう餌を放置しておくと、その餌をハクビシンやアライグマなどが食べに来ることが考えられます。
雑食性の動物ですから、ペットフードも食べてしまうことがあるのです。
ただペットの残った餌を取るだけならまだしも、場合によってはペットが食事している時に、その餌を横取りしていくような事例もあるようですから、警戒は怠らないことをおすすめします。
アライグマなどは、見た目によらず狂暴な一面もあり、いくら大型犬と言えども、迂闊に攻撃をすれば、手痛い反撃を食らう恐れもあります。
また、ペットの餌があるということに気づいたアライグマやハクビシンが、その家の周囲に巣を作ることも考えられます。
こうなると、どちらに餌やりをしているのかわからない状態になってしまいますので、ペットの餌やりは時間を決めて、もし残っているようでも、ペットが食べないのなら早めに片付けてしまうことをおすすめします。