害獣の駆除なら害獣駆除110番|外来種害獣の恐怖

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

外来種害獣の恐怖

本来日本には生息しないはずの外来種害獣が国内で繁殖し、生態系を荒らすなどの問題となっています。 これらの生物は農作物を食い尽くすだけではなくペットを襲撃したり、時には人間まで襲う恐ろしい存在です。 ここではその主な種類と特徴をご紹介します。 アライグマ アライグマは哺乳網食肉目アライグマ科アライグマ属に分類される哺乳類です。外見はタヌキに非常に似ています。 前足を水の中に突っ込んで獲物をとる姿が、まるで手を洗っているように見えることから名づけられました。 主に小動物を捕獲しエサとしますが、雑食性でなんでも食べます。 猟犬をかみ殺す事もまれにあるようで、間違っても撫でようとして近づかないようにしましょう。 ヌートリア ネズミ目ヌートリア科に属する哺乳類の一種。本来は主に南アメリカに生息していましたが、毛皮をとるために日本に輸入されたものが野生化し繁殖しています。稲や大麦などを食い尽くす農作物への被害の他、絶滅危惧種に指定されているベッコウトンボを壊滅に追い込むなど、日本の動物の生態系崩す問題が深刻化しています。 ハクビシン ネコ目ジャコウネコ科に属する動物で、額から鼻にかけて白い線があります。糖度の高い果物や野菜を好み、主にビワ、ミカン、モモ、ナシ、カキなどの果物を食べ荒らし、農作物に大きな被害をもたらします。 また、民家の屋根裏に侵入し、足音や糞尿被害など生活被害も問題視されています。外来生物法で特定外来生物指定を受けていないため、駆除はできません。 この様に人間に害をもたらす外来種害獣の被害は増加の一途をたどっています。害獣による被害を受けたら、害獣駆除業者にご相談されるのがよいでしょう。