害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣がもたらす三つの被害

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣がもたらす三つの被害

害獣とは、簡単に言えば人間の生活に害をもたらす哺乳動物の事を言います。代表的な害獣としましてはカラスやねずみ、コウモリなどが挙げられますが、基本的にはペットや家畜以外の動物は害獣としての一面があります。そのため、害獣に分類されてしまう動物は多く、その被害も多岐に渡ります。それら害獣によってもたらされる被害は、以下の三つに大きく分類されます。

・衛生被害
害獣も動物である以上、糞尿の排泄は欠かせません。その糞尿には多くの細菌やウイルスが含まれており、それらが飛散しますと体内に侵入してしまいます。そうなりますと、感染症やアレルギー症状を引き起こす事になります。ウイルスなどは肉眼では確認できませんので、症状が表れてようやく被害を知ることになります。

・経済被害
例えばげっ歯類のねずみは一生前歯が伸びるため、固いものをかじって歯を整える必要があります。そのため家財や衣類などがねずみにかじられますし、電気配線をかじられれば火災が発生する危険もあります。また、農家なら農作物を食べられるという被害もあります。それらは時に莫大な金額の被害となってしまいます。

・精神被害
「動物の糞尿の臭いが漂ってきて辛い」「夜になると動物の走り回る音や鳴き声が響く」そのような悩みを抱えていますと、精神的にも多大なストレスとなってしまいます。

このように、害獣は多くの害をも孕んでいます。そのため、なるべく早く害獣駆除を行う必要がありますが、動物愛護の観点や技術的な面から、素人の害獣駆除は困難を極めます。そのまま放置していてはこれらの被害が進行するばかりですので、害獣被害にお悩みでしたら当サイトにご相談ください。