害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣による農業への被害

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣による農業への被害

皆さんは害獣の被害にあったことがあるでしょうか。一般的に遭遇する害獣といえば、カラスやコウモリ、ネズミです。こういった害獣は見た目にも凶暴さを伺うことが出来ますが、「ハクビシン」や「アライグマ」といった動物も害獣になります。ハクビシンなどは、ペットとして飼われてもおかしくない見た目ですが、野生では凶暴な害獣です。もちろん餌付けなどしてはいけません。ハクビシンなどの被害には天井や屋根裏に子育てのために住み着くといったことがあります。糞や尿を排泄し、天井にシミや汚れを作られてしまい、さらに異臭を発生させます。これが原因でダニなどの害虫が発生する場合もあります。かわいい見た目とは裏腹に凶暴で、近づいたら噛まれたという報告も多いです。自宅で飼っているペットでも襲われる危険があります。特に被害が多いのは家庭菜園や農園などに被害をもたらすことです。甘い果物や果実、野菜を好んで食すので、庭木の果実を食べられる被害が多く報告されています。野生の動物なので運動能力も高いです。ハクビシンのジャンプは100cm以上飛ぶことが出来るジャンプ力があります。なので、柵といったもので対策をしていても簡単に乗り越えられてしまうのです。こういったハクビシンなどの害獣は農業に甚大な被害を与え、経済にも悪い影響を及ぼしているのです。もしハクビシンといった害獣の被害にあっている場合は一度本サイト「害獣駆除navi」にご相談ください。