害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣のついての考え方

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣のついての考え方

先日、子ザルが住宅街に突如として現れて地域の人々を騒がせたというニュースがありました。その子ザルは無事に保護されて山の中へと返されましたが、以前からサルが人里に降りてくるということは少ないわけではありません。人間に迷惑をかけたり、その他の実害を与える動物のことを「害獣」といいます。害獣としてよくあるのは「ハクビシン」「コウモリ」「モグラ」「ハツカネズミ」などが有名ですが、ほかにも事例としては多くの動物がいます。「ハクビシン」や「モグラ」は畑などにおいて農作物を食い荒らしてしまうので害獣とされ、「コウモリ」や「ハツカネズミ」は住宅の中に巣を作ってしまうので、その糞尿の被害であったり、衛生的にも良くないためにさらなる害虫被害の可能性を産んでしまうということで害獣とされています。害獣は勝手に駆除してはいけない場合もあります。動物愛護法や鳥獣保護法など、様々な許可をとってからでないと駆除できない場合がほとんどです。イノシシや熊の漁に許可が必要なのと似ています。害獣としてのくくりは時間を追うごとに大きくなっていきます。もしかしたら、先日のサルの件も見方を変えれば害獣と捉えられてしまうのではないでしょうか。動物と人間のかかわり方を今一度考えてみたいものです。