害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣のフンに注意

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣のフンに注意

害獣は健康被害や農作物への被害、住宅への被害など、人間や住宅に様々な被害をもたらします。中でもほとんどの害獣に共通して言えるのが、フンによる被害です。害獣は体内に感染症を引き起こす病原菌を保有していることが多く、噛みつかれたり、フンなどを介して感染する可能性があります。害獣によっては、人間を襲わないものも多くいるため、噛みつかれることは少なくても、フンに関しては、生物である限り必ず排泄するため、どの害獣でも避けられません。害獣のフンには複数の病原菌が含まれており、触れてしまったり、誤って体内に入ったりすることで感染してしまいます。病気の種類によっては、命の危険もあり得るのです。そのため、害虫のフンは早急に処理する必要があります。乾燥するまで放置することも危険です。乾燥したフンは細かく砕け、風に飛ばされます。そのことに気づかず空気と一緒に吸い込んでしまうことがあるのです。自分では意識していなくても、病原菌を取り込んだことになるのです。実際にあった事例を挙げると、ランニングを毎日の日課としていたご老人が、突然病気にかかり倒れてしまったそうです。ランニングの際に通る公園で、ハトのフンを吸い込んでしまったことが原因だったそうです。このように健康に気を使っていても、ふとした拍子に害獣のフンが体内に入り込むこともあるのです。こういった危険から身を守るためには、害獣を見つけたときは害獣駆除業者に依頼して駆除してもらうことです。その間にもフンを見つけたら、吸い込まないように気をつけて、処理してしまいましょう。