害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣の種類を見極める

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣の種類を見極める

害獣と呼ばれる動物には、似たような見た目のものがいます。例えば、ハクビシンやイタチ、タヌキやアライグマなど。知識では知っていても、いざ遭遇したときにすぐに見分けられるとは限りません。なかには間違った認識で対策をとる方もいらっしゃるでしょう。しかし、害獣の種類を間違えたまま対策をとっても、効果がない場合があります。それどころか、被害が拡がることもあり、害獣の種類をしっかり見極める必要があることが言えます。また、害獣を正しく認識していても、対処方法自体が間違っていることもあります。1つ例を挙げると、以前屋根裏にイタチが住み着き、特定の場所にフンをするため、臭いに悩まされているという方が、友人からの勧めで、イタチのトイレとなっている場所にトイレ用の芳香ボールを設置したそうです。ところが数日後確認すると、改善するどころか被害がひどくなっていたそうです。その方は個人での駆除が難しいと判断し、害獣駆除業者に依頼して駆除してもらったそうです。また、鳩やカラスといった鳥に対して、大きな目玉模様の風船や太陽光を反射するCDなどを設置する家庭がありますが、実は、これも間違っているのです。たしかに最初は効果があるかもしれませんが、自分に対して害を加えないことがわかれば、危険なものという認識は捨てるため、それらが設置されていても再び寄りつくようになってしまうのです。知識がないままに害獣駆除を行うと、失敗だけではすまない可能性もあるため、害獣が住み着いたという兆候が見つかったら、害獣駆除の業者に相談しましょう。