害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣の被害は深刻

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣の被害は深刻

年間200億円の損害、いずれ1000億円をも超えるといわれる害獣の被害だといわれてます。イノシシ、シカ、サル、ネズミ、カラス、ハトなど動物には罪はありませんが、人間の生活に被害を及ぼしてしまうことになると問題です。被害のなかでも農作物被害は深刻で、大切に育ててきた農作物が一夜にして荒らされてしますと死活問題にもなります。それらは、集落の過疎化や高齢化による人間活動の低下もありますが、害獣となってしまう動物たちの隠れ家やえさ場がなくなっていることも被害の原因のひとつになります。最終的には、射殺や状況に適した駆除といった方法をとらざるおえないのですが、被害がなくなることはありません。怖い話になりますが、一度人間の味を覚えた熊は獲物として人を認識するそうです。それらに付随する話でもありますが、農作物を荒らすといったことも同じといえるでしょう。海外のアフリカでは、野生動物による被害に対して、なにかしらの機関が補償金を支払っているということがあります。過去10年間で、おおよそ18億円の申請があったそうです。海外となると規模が違いますね。こういった問題を考えていくことも人間として大切なことなのかもしれません。