害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣はどこから侵入する?

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣はどこから侵入する?

タヌキやハクビシンが家の中に入り込んだことはないでしょうか?
そこまで小さな動物でもないのになぜ入りこんだのかと不思議に思われた方もいるのではないでしょうか?害獣は見た目の大きさに反して、その大きさに見合わないような小さな穴から侵入してきます。ハクビシンは大人の拳一つほどの隙間があれば侵入できるといわれていて、通風口などの隙間から簡単に侵入してきます。また、ネズミやコウモリなどの小さな動物はより小さな隙間から侵入できるため、外から見て封鎖されているように見える軒下でも、簡単に侵入してきてしまいます。
また、建物の老朽化で発生した隙間などがあれば要注意です。
新築の時にはなかった隙間が知らず知らずのうちにできてしまったということもあります。そうしてできてしまった隙間は、害獣にとっては格好の侵入口となってしまいます。長年生活していると、あることを忘れてしまった通風口などはないでしょうか。そういったところからも侵入することがあり、侵入ルートを確保するために壁の中の断熱材をボロボロにされてしまったという被害も報告されています。
この他にも害獣は思いもつかない場所から侵入してきます。
いざ害獣の侵入場所を探してみたら、知らないうちに床下が穴だらけにされていたなんてことのないように、害獣の被害でお悩みの方は害獣駆除業者に駆除を依頼されることをお勧めいたします。