害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣は人間が生みだす?

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣は人間が生みだす?

害獣とは一般的に人間が生活を送る上で健康面や衛生面、農作物などの食べ物といった様々なものに被害を及ぼす動物のことを指し、業者による害獣駆除などもされています。本来、害獣として指定されていなかった動物や国内で繁殖しすぎたために害獣として扱わざるを得なくなってしまった動物もいます。例えば、鳩は害獣として扱われていますが、日本では平和の象徴としても有名です。鳩が害獣として扱われる理由は、大量の糞や羽根などからの感染症が挙げられます、人間の生活圏に鳩がとどまってしまうのは人間が餌を与えてしまうことに原因があるのではないでしょうか、もちろんそれだけが原因というわけではありませんが、事実餌を与えてしまうと必要以上に健康状態が良くなり、異常な繁殖を促します。そうした結果害獣として扱うことになったのかもしれません。良かれと思ってやったことでも、鳩の生態系をくずしているのです。そして、害獣として扱われる動物の中にはもともと日本には生息していなかった外来種も存在します。そういった動物達は人間側の都合で日本に持ち込まれ、その結果日本で繁殖してしまい、害獣指定されたということになります。よく飼っていた動物が手に負えなくなり逃したという話を聞きますが、外来種の生物もそういったことが原因で繁殖してしまった例もあります。それが全てというわけではありませんが、この動物たちは当たり前のように暮らしているだけなのに、人間側の都合で害獣扱いされているかもしれないのです。自然の生態系に干渉しすぎないのも、害獣対策につながるのです。