害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣は許可なく駆除することができない場合があります。

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣は許可なく駆除することができない場合があります。

害獣というと「見つけ次第駆除しなきゃ」「エサを使っておびき寄せて、捕まえよう」などと思う方が多いかも知れません。しかし、実は害獣駆除には申請が必要なのです。 ハクビシンやアライグマの駆除や捕獲で罠として檻を使い、エサでおびき寄せる方法がありますが、これは都道府県の知事から許可を得てから初めて行うことができる、許可申請制の駆除方法なのです。ちなみに許可申請の内容や方法は環境省や農業センター、保健所などが窓口になっており、各県によって異なるので、注意が必要です。 申請には必要書類に害獣の種類、頭数、捕まえた方法、被害の写真、捕獲実施場所の地図の写し、狩猟許可書の写し、委任状などを用意し、窓口に持ち込み、審査を待ちます。2~4週間ほどで許可が降りるので、また許可証を直接窓口に取りに行かなければなりません。そして、これらのやり取りは全て直接訪問をしなければなりませんので、メールや郵送では応対してくれません。 しかも、これらの許可だけでなく、檻やカゴを使っての捕獲には狩猟免許という資格が必要になり、これらの資格がない場合は素手で捕まえることしか許可されていません。 これらのことから考えると、なかなか「害獣駆除をしよう!」と決めて簡単にできることではないので、一般の方にとっては、害獣は特に厄介な存在を言わざるおえません。 害獣を見つけた場合は、まず自分で捕獲する前に、害獣駆除naviにご連絡ください。駆除業者がしっかりと対応致しますので安心してお任せください。