害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣への理解を深める

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣への理解を深める

畑の作物や家屋に被害を与える害獣。代表的な害獣はイノシシやモグラ、クマなどで、田園部、山岳部付近での被害報告が後を絶ちません。逆に街中での害獣被害もあり、カラスの糞による被害やゴミ漁り被害、野良猫なども害獣として捉えられています。勿論こういった害獣被害は動物だけが悪いわけではありません。無責任な人々がペットを捨てそういった野良の動物たちが害獣となります。私たちも十分に生き物を飼うという強い責任を感じなければならりません。一見かわいらしい動物たちですが、害獣による年間200億円もの損害をもたらしています。特に農家の方々にとって害獣の被害は死活問題にあたるはずです。丹精込めて育ててきた農作物が害獣たちの被害に合い、頭を抱えている農家は後を絶ちません。しかし、動物たちが荒らすのにも理由があります。まずは餌場の減少や隠れ場が少なくなったことが主な原因と言えます。開発などが進み、街は私たちにとってはとても住みやすいものになりましたが、動物たちにとってはとても生きづらいものになってしまうということも理解しなければなりません。害獣の被害は農作物のみでは済みません。糞や尿などから雑菌やウイルスが媒介してしまい健康に大きく関わってしまうこともあります。また、ネズミなどは繁殖力がとても強いので放置していれば被害の拡大は防げません。害獣の被害はとても深刻ですが、私たちが解決しなければいけないことやできることがあります。私たち人間と動物たち、お互いを理解しあっていくことが解決に繋がります。