害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣を生む要因

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣を生む要因

冬になると野生動物は冬眠するというイメージがあります。中には冬眠しない種類の動物や、本来冬眠するはずの種類にも関わらず、様々な理由で冬眠せずに活動を続ける動物もいます。例えば北海道では人間を襲う危険性の高いヒグマは冬眠しない個体が増えていると言われています。その理由の一つは昨今増えているというエゾシカです。エゾシカ駆除、狩猟のためにハンターに撃たれたエゾシカがすべて回収されずに山野に放置されるケースが増え、本来冬眠するはずのクマにとってのエサが豊富であるため、冬眠しないクマが増えてしまっているのです。過去、冬眠しないクマは「穴持たず」と呼ばれ、人々に恐れられています。 「害獣」と呼ばれる野生動物は、本来積極的に人間に危害加えるわけではありません。しかし、自然環境に人手が入ることにより、野生動物が人間の生活圏に入ることになった結果、害獣となってしまったことがほとんどです。またペットが野生化し、大量繁殖した結果「害獣」となってしまうというケースも増えています。自然と人間の共存の難しさは一朝一夕に解決できるものではなありませんが、せめて身勝手にペットを捨て自ら「害獣」を増やすことだけは防ぎたいものです。 それでも、いざ害獣による被害が発生してしまった場合は適切に対応する必要があります。動物の中には鳥獣保護法で守られている種類もいます。いざという時は業者に頼るのがよいでしょう。