害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣イタチについて

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣イタチについて

ハチやゴキブリ、ムカデなど、私たちを襲ってきたり、或いは私たちの生活に衛生上悪い影響を与えるものを、よく『害虫』と呼びますが、同様にその相手が「虫」から「動物」になると『害獣』という呼び方をします。代表的な害獣として挙げられるのはハクビシン、アライグマ、イタチなど。ネズミやコウモリなどもこの害獣に含まれます。さて、今回はその中でも『イタチ』に焦点を当ててお話ししましょう。
イタチは、民話などにも登場することがあるように、日本においては古くから存在する動物。外来種のハクビシン、アライグマと違い、イタチは日本古来種と言われています。ただ近年、都市部において問題になっているイタチの大半は「チョウセンイタチ」と呼ばれる外来種であるようです。イタチの特徴はというと、容姿は胴長短足、主に肉を好みますが何でも食べる雑食、人間が育てた農作物や果実、養殖魚などはもちろん、ネズミや昆虫も食べるため、エサが豊富な人家の周り、特に屋根裏などに棲み着くこともしばしばです。イタチが厄介なのは、一度屋根裏などに棲み着いてしまうと、自ら出て行くことが少ないこと。エサとなる動物の死骸などを外から持ち込むため、ハエが大量発生したり、死臭が充満してしまいます。更にイタチ自身が悪臭を発するため、他の害獣が屋根裏に棲み着く以上に、家周りが臭くなるのです。
このように、イタチに棲み着かれてしまっては、経済的な被害は勿論ですが、衛生的にもよくありませんし、遭遇して襲われる危険も十分あります。イタチの存在に気づいたら一刻も早く駆除することが賢明です。イタチの駆除も本サイト「害獣駆除navi」からご依頼頂けます。