害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣自体の害よりも深刻な場合があります

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣自体の害よりも深刻な場合があります

害獣の被害というと、ハクビシンが農作物を荒らしたとか、アライグマがペット用のエサを横取りしたりというものが注目されがちですが、そんな害獣自体の被害よりも深刻な被害を出すことがあるものもあります。 それは、害獣たちが溜め込むエサです。 ペットのイヌやハムスターでも、野生の本能が残っており、おやつや食事を自分にしかわからない場所に隠す場合があるように、野生動物は特に、万が一エサがなくなったときのために巣の近くなどにエサを溜め込む場合があります。 これらのエサは、自然環境なら特に影響はないのですが、住宅の床下や天井裏などに巣を作っている場合、腐敗したエサによる室内への汚れ、悪臭、更にはそのエサに群がる害虫という形で被害を発生させる恐れがあります。 特に害虫については、ゴキブリが代表的ですが、ゴキブリをエサにする更に大型の肉食昆虫や害獣の被害を呼び込むことも考えられますので、害獣による実害以外にもこういった二次被害についても目線を向けて、対処を行いたいところです。 また、自分で作業を行なう際、それらの害虫の駆除が必要になる場合もありますので、エサが溜め込まれていることに気づいたら、早めに当サイトにご連絡ください。