害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣駆除にはどういった許可がいるのか

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣駆除にはどういった許可がいるのか

人に被害を出すのだから害獣駆除はその時々にやっても良いだろう、と思われているかもしれません。しかし、実際には害獣駆除をする際には色々と許可が必要になります。どういった許可が必要なのか見ていきましょう。 まずは有害鳥獣駆除の申請です。この申請は都道府県庁、市役所、農業振興センターなどの部署に提出します。内容は被害状況、捕獲予定の害獣の数、捕獲の期間を書いた書類です。どこで、何を使って、何のために害獣駆除をするのかを細かく説明して、また被害状況の写真も添付して被害状況を報告します。そうして書類を提出し、2週間ほど経過したら許可が出ます。担当する部署で説明を受けたら、ようやく害獣駆除ができるようになるのです。 また害獣駆除の際には罠を使います。実はこの罠を使うためには狩猟免許がないといけないのです。基本的に害獣を罠で捕まえられないとなると、網や素手で捕まえないといけません。中型犬の大きさがあるような害獣を素手で捕まえるのは難しいので、やはり免許制の罠を使わないと無理なのです。そのために害獣駆除の際にはこの狩猟免許も必要になります。 害獣駆除の申請については、基本的には被害を受けた人が行うことになっていますが、委任状で業者が代行する場合がほとんどですので皆さまが許可を取りに行くことはあまりないでしょう。 害獣駆除をするだけでもこれくらいの手間がかかるのです。そのことはぜひ覚えておきましょう。