害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣駆除には許可が必要です

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣駆除には許可が必要です

害獣というと人間にとっては害を及ぼすものなので、すべて駆除しなければならないとお考えの方いらっしゃいませんでしょうか?しかし、害獣と認識されながら、同時に保護獣でもあるという動物もいるのです。動物を取り巻く法律は、鳥獣保護法・狩猟法・動物愛護法、外来動物法など、あげればきりがないほど沢山あります。自分にとって不利益な動物がいるからといっても、法律で禁止されていて勝手に駆除することが出来ない場合もあるのです。このことは理不尽と思われるでしょうが、動物愛護の観点などから規制されていることなのです。例えば屋根裏に住みつく代表的な害獣としてハクビシンがいますが、これは個人で勝手に駆除はしてはいけない動物なのです。なぜ駆除が許されていないかというと、外来種でいつ日本に来たのかはっきり特定できず、特定外来生物の指定を受けていないため駆除対象とはなっていないのです。そのために駆除するには鳥獣保護法に基づく許可が必要になってくるのです。このように動物から被害を受けた時、追い出すのは大変な手間と労力がかかるというのが、お分かりいただけましたでしょうか?害獣によって被害を被った際には、業者に駆除を依頼されるのが最善策と思われます。まずは相談だけでもされてみてはいかがでしょうか。