害獣の駆除なら害獣駆除110番|害獣駆除の注意点

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

害獣駆除の注意点

アライグマやイタチ、ハクビシンなど害獣と呼ばれる生物は実に多くの種類が存在しています。時にはハトやカラスなども、害獣としてみなされてしまうことがあるのです。これらの害獣は、糞尿や騒音被害などを発生させてしまう恐れがありますので、住み着く前に追い払う必要があります。放っておけば近隣の方々から苦情が来てしまったり、市区町村の美化条例に違反したりしてしまう可能性もあるからです。しかし、追い払うといってもどのようにすれば良いのか、わからない方が多いのではないでしょうか。当然、害獣の嫌がることをすれば好んで寄り付かない環境を作ることはできます。ですが、それは「鳥獣保護法」に違反してしまう危険性もある行為なのです。例え直接的な被害を与えていなくても、「過度な威嚇」や「生命の危機を脅かす可能性のある行為」として認められてしまえば、良かれと思ってやったことが罪に課せられてしまうことさえあります。具体的には、ハトがベランダで巣を作ろうとしていた時に、その近くを棒などで叩いて追い払うような行動を取ってしまうと、違法行為となる可能性もあります。そのため、害獣駆除はただ追い払うだけでも、個人で行うことはお勧めできません。万が一このような問題に心当たりのある方は、業者の方にしっかりと相談をした上で行うようにしましょう。