害獣の駆除なら害獣駆除110番|忌避剤で害獣を防ぐ

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

忌避剤で害獣を防ぐ

害獣の駆除は、様々な面から実行するのが難しい作業です。人間より小さい害獣が相手でも、襲われれば怪我を負ったり、病原菌が感染したりする恐れがあります。また、多くの鳥類・哺乳類は鳥獣保護法によって保護されていますので、勝手に捕獲したり殺したりする事も許されていません。相手が害獣といえど、素人が害獣駆除を行うのは非常に難易度が高く、面倒なのです。しかし、簡単な対策もあります。
それが、忌避剤を撒くという方法です。忌避剤とは、その動物の苦手な臭いや味をつけた薬剤で害獣被害の予防に効果があります。固形タイプや液剤タイプ、ジェルタイプなど種類は様々です。液剤なら即効性が期待できますし、固形やジェルなら長期間にわたって効果が持続します。また、その臭いの種類も豊富です。ニンニクやハーブといったものから、その動物の天敵となる動物の臭いなど、様々なアプローチが試みられています。特に天敵の臭いは動物の本能に働きかけるため、その動物が臭いに慣れないため効果が持続することが期待されています。
しかし、忌避剤にも欠点があります。即効性の高い液剤タイプなら、効果の持続時間が短く、雨によって簡単に流されてしまうことがあります。また、固形やジェルは散布できる範囲が限られており、害獣の侵入経路上に設置しなければ効果が得られません。忌避剤は簡単な対策なのですが、効果的に設置するためにはそれなりの知識も必要になります。自信がない、もっと確実な害獣駆除をしたいとお考えでしたら、害獣駆除の業者に依頼したほうが良いでしょう。