害獣の駆除なら害獣駆除110番|意外な侵入口にご注意を

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

意外な侵入口にご注意を

害獣駆除を依頼される方で、いったいどこから入り込んだのかを不思議に思われる方が多いです。ねずみのように小さな害獣はともかくとして、数十センチの大きさであるイタチやハクビシンなどがどこから忍び込んだのかが分からずに悩まれておりました。そのように悩まれている方へのお答えとしては、意外なところから侵入されているということがあります。確かにハクビシンは小さな害獣ではありませんが、人の拳ほどの大きさの穴であれば入り込めるのです。それくらいの穴や亀裂が家の外壁に空いていないでしょうか。もしくは床下の通風口が開いていたり、軒裏の隙間があったりしないでしょうか。そのような小さな入り口であっても害獣は入り込めてしまうのです。こうした入り口は建物が老朽化するにつれて目立ってきます。家を作っている材木が年数と共に少しずつ小さくなって隙間ができたり、亀裂が入ったりして入り口ができてしまうのです。害獣駆除だけでなく、害獣の侵入を防ぐ予防としてはこうした場所を塞いでおります。シーリング材などで蓋をして、もう入り込まないように対処しているのです。一見すると問題がなさそうな家であっても、実は探してみると害獣が入り込めそうな入り口が沢山あるかもしれません。害獣駆除を依頼された後は、そのチェックも同時に依頼されてみてはいかがでしょうか。