害獣の駆除なら害獣駆除110番|日本で生息している害獣の種類

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

日本で生息している害獣の種類

害獣と聞いて、どんな生き物を想像するでしょうか? すぐに思い浮かぶ生き物はネズミやタヌキ、コウモリ、イノシシなどです。 他にもニホンジカ、ニホンザル、キツネ、イタチ、モグラ、アライグマなどたくさんいます。 ニホンザルやアライグマは愛嬌がある動物というイメージを持つ方も多いと思いますが、 人間に様々な害を与えます。 一番の被害は畑です。 特にニホンジカ、イノシシ、ニホンザルは畑を荒らし、農作物に被害を出すケースが多いです。 またタヌキ、キツネ、イタチなどは家畜や養殖魚などに被害を与えます。 なぜ、害獣が被害を生んでしまうのでしょう? その原因は集落の過疎化・高齢化による人間の活動の低下、 耕作放棄地の増加、 害獣生息域の拡大、 そして猟師の減少・高齢化と言われています。 このようなことが原因でどんどん積み重なっていき、日本の害獣による農作物への被害は膨れ上がっています。 また、餌付けをしてしまうことで害獣が住みついてしまうときっと様々な被害を及ぼすことになるでしょう。 近辺にタヌキやキツネ、イタチ、アライグマなど様々な害獣が出てしまった場合、 餌付けはしないようにしましょう。 このように様々な害獣がいます。 被害が大きくなってしまわないようにするには、早めの害獣駆除が必要です。 近辺に害獣が出た場合は早めの対処を心がけましょう。