害獣の駆除なら害獣駆除110番|簡単に駆除できない害獣

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

簡単に駆除できない害獣

害獣による被害は年々増加しています。そんな被害をもたらす害獣の中にハクビシンがいます。最近では山奥だけでなく都心の住宅街でもハクビシンが目撃されるようになってきました。1990年には7県で目撃されていましたが2008年には43都道府県で目撃されるようになり全国で見られるようになりました。全国に生息域を広げたハクビシンは住宅街に入り込み騒音や悪臭など様々な問題をおこすようになり、それだけでなく庭まで荒らすようになってしまいました。また害獣というとタヌキの目撃数が多かったのですが、ついにハクビシンの目撃数のほうが多い状態にまで広がってしまいました。そんなハクビシンですが簡単に駆除することができません。まずハクビシンは日本に入ってきた時期がはっきり分からないため在来種として保護されることもないうえに外来種として駆除することもできないため、対処に困ってしまう生物なのです。アライグマのように生態系を及ぼす特定外来種生物と認められていれば駆除したり捕獲したりすることが可能になります。ですが、ハクビシンはその特定の基準となる、”明治以降に入ってきた生物”というのが特定できないがために特定することができず駆除の対処になっていません。そんなハクビシンも駆除できる方法があります。それはハクビシンの存在が確認されるだけでなく、実際に農作物を荒らしたりという実害が確認でき有害害獣として駆除することができます。このようにハクビシンは、多くの数が確認できていても簡単に駆除することができないとても難しい存在なのです。