害獣の駆除なら害獣駆除110番|被害が夜に多いのは何故?

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

被害が夜に多いのは何故?

アライグマやハクビシンなどの害獣の被害を受けているご家庭では、よく「夜中に足音とか鳴き声がうるさい」という話を聞きます。 昼間はあまりアライグマやハクビシンなどを見かけたりすることが無いのは何故なのでしょうか? 動物には、昼行性と夜行性の動物が居ます。人間も動物の一種ですから、あえて分類するならほとんどの方は昼行性だと思います。 一方、動物は夜行性のものが多いです。特に小動物に夜行性のものが多く、私達がペットとして飼育することもあるハムスターは、夜行性の動物です。ハムスターのようなネズミ類は、ほとんど夜行性です。 また、犬や猫も元々は夜行性だったといわれていますが、人間と暮らしていくうちに、生態が変化して昼間に起きて、夜間に寝るという風になってきているようです。 さて、ここで話を本題に戻すと、アライグマやハクビシンを夜中に見かけることが多く、昼間に見かけることが少ないのはなぜかというと、アライグマやハクビシンが夜行性の動物だからです。 昼間は寝ていたり、動いていてもあまり活発ではないために気が付きにくいのですが、夜間は活発なので被害が目立つ、ということです。 夜間の被害、特に鳴き声や足音は安眠できないということで、多くの方の悩みの種となっているようです。もしも夜中のハクビシンやアライグマの鳴き声、足音などでお悩みなら、業者への駆除のご依頼をお勧めします。