害獣の駆除なら害獣駆除110番|市街地でのハクビシン被害が増えています

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

市街地でのハクビシン被害が増えています

害獣被害なんて郊外や田舎の話・・・というのは、過去のことになりつつあるようです。最近は市街地での害獣の目撃情報もあるようです。その中でも、東京23区内のような都会中の都会でも増えているのが、ハクビシンによる被害です。
ハクビシンは漢字表記で「白鼻芯」と表記される通り、顔の鼻のあたりから白いラインが通っています。見た目は肉食獣であるイタチにもにていますが、植物、特に果実類を好む動物ですが、民家の池にいる鯉や、養鶏場のニワトリを食べることもあるなど、雑食に近い性質ももっています。
動きが俊敏で、都市部の環境にも適応して、ブロック塀の上や屋根の上、時には電線の上を歩き回るなど、運動神経の良さが目立ちます。
ハクビシンが都市部でも生活できるのは、民家の屋根裏のように断熱材で囲まれた暖かい環境が多いことも関係しているようです。
民家に住みつくと、糞の臭いや騒音、庭木などの食害などの被害が出る他、体表に寄生していたダニやノミが部屋の中にまで侵入してくることもあるようです。
ハクビシン対策をご希望の方は、当サイトまでご相談ください。