害獣の駆除なら害獣駆除110番|見分けが付かない場合

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

見分けが付かない場合

当サイトには害獣に関する様々なお問い合わせを頂きます。
そのお問い合わせの中で多いのが、「屋根裏から足音がするが、どの動物か分からない、調べたくても怖くて調べることが出来ない。」といったものや、「一瞬姿を確認したが、一体どんな動物か分からない。」といったものです。

以前九州の山道で、熊を見かけたと警察に通報が入り、調べてみるとアナグマだったといったことがニュースになりました。
アナグマと熊では大きさにかなりの違いがあるものの、一瞬通りかかっただけでは子熊などと見間違えても不思議ではありません。
この件はアナグマだったから良かったものの、もし本当に熊であったら姿を確認するために深追いし、襲われる危険もあったので、すぐに逃げて通報した人の判断は懸命だったと思われます。

これは熊に関する話ですが、屋根裏などに現れる人間より小さな害獣でも、姿を確認するために深追いすることで、怪我をしてしまう危険があります。特にアライグマとタヌキはよく間違われますが、アライグマはタヌキに比べて非常に凶暴な性格をしています。人やペットを襲うこともありますので、近寄らないようにしましょう。

当サイトはどんな種類の動物がいるか分からないといった場合でも受付できますので、お気軽にお電話ください。