害獣の駆除なら害獣駆除110番|電気柵はメンテナンスも大事

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

電気柵はメンテナンスも大事

害獣被害を防ぐためには、害獣の侵入を防ぐことが一番です。そこで人気が高い製品が、電気柵です。電気柵とは支柱と支柱との間に電線を張り、そこに電流を流すことで軽い電気ショックを与える製品です。動物が電線に触れますと、その体を通して地面に電流が流れ、動物をびっくりさせて追い払います。動物を傷つけることがない上に効果の高い電気柵ですが、設置した場合にはメンテナンスも忘れてはならないのです。

もしもメンテンスを怠っていますと、電気柵が十分に力を発揮できなくなってしまいます。
例えば、電気柵の周辺で雑草が伸びてしまう事があります。雑草が伸びますと、電線に触れてしまう事があります。そうなりますと雑草を通して電流が流れてしまうため、動物への電流が弱くなってしまいます。他にも、何らかのゴミが電線に触れている場合に同様のことが起きてしまいます。
また、電線が切断されていたり、地面に窪みが発生している事があります。そうなりますと、電流の流れていない場所から動物が潜り込んで来たり、飛び越えたりしてしまうのです。

このように、電気柵は設置後のメンテナンスも重要なのです。さらに電気柵は設置が難しく、場合によっては人間に被害が発生することもありますので、害獣対策としては高度な方法なのです。そのため、安易に行ってはいけません。
電気柵の設置も含めて、害獣駆除のプロとご相談されるのがよろしいでしょう。害獣駆除のプロならば、駆除を行ってくれるだけでなく、適切なアドバイスをしてくれるはずです。害獣対策は早めに行うに越したことはありませんが、高度な対策を行う前には、よくお考えになったほうがよろしいでしょう。