害獣の駆除なら害獣駆除110番|ハクビシンの駆除方法と見分け方をご紹介!

*

害獣駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-949-205

フリーダイヤル0120-949-205

最新情報・レポート

害獣駆除navi|安心の明朗会計&ご相談無料のコラム記事ページです

ハクビシンの駆除方法と見分け方をご紹介!

ハクビシンの駆除方法と見分け方をご紹介!

ハクビシンと聞いて、どんな動物を思い浮かべますか?ハクビシンは見た目がアライグマやイタチなどに似ており、どこが違うのか疑問に思われる方もいるかと思います。 害獣の1種であるハクビシンは、お家に住みつくことがあります。被害にあった場合、どのようなことが想定されるのでしょうか?

今回はハクビシンの見分け方をご紹介するとともに、ハクビシンが住みついた場合の被害内容や駆除方法を詳しくご紹介します。

 

 

ハクビシンってどんな動物なの?

ハクビシンは元々東南アジアに生息している動物で、ジャコウネコ科に属している哺乳類の動物です。毛皮用の用の動物として、明治時代に輸入されたものが野生化して生息するようになったとされており、今では日本全国で確認されています。特に都心では人の住む地域にも出没し、被害が多く発生しているのでハクビシンの駆除対策をしている地域もあります。

顔の中央に白い線が入っていることから「白鼻芯」となったとされています。体重は2~3キロほどで、体長60センチメートルの大きさです。

木登りが得意なハクビシンは電柱も簡単に登ることができ、細い電線や木の枝を伝って住宅内に侵入することも多々あります。
垂直に約1メートルも飛ぶことができるほど跳躍力が高いです。そのため、電柱と屋根の隙間が1メートルほどであれば、簡単に侵入できてしまいます。

ハクビシンは夜行性であるため昼間は巣で寝ています。建物内に侵入してきたハクビシンも同様に夜行性の傾向がありますが、昼夜問わずバタバタと走り回る大きな音がするようになります。種類がわからずとも動物がいると判断しやすいうえ、睡眠しようとしたときに物音がすることも多いので、不安で眠れなくなってしまうことも多いようです。

また、雑食性なので、野菜や果物はもちろん虫やネズミ、カエルや鳥までも食べます。かわいい顔をしているハクビシンですが、ネズミやカエルなどを咥えているのを想像すると怖いと感じるかもしれません。
ハクビシンはとても凶暴で、噛んだりひっかいたりするので注意が必要です。

アライグマ・イタチ・ハクビシンの見分け方

アライグマ・イタチ・ハクビシンの見分け方

ハクビシンの駆除に当たって、ハクビシンに似ているアライグマやイタチとの見分け方はどのようにすればよいのでしょうか。

アライグマは背中の面は銀灰色から灰黒色をしており、淡褐色や赤褐色が混ざった色をしています。お腹の面は灰色や淡褐色が多く、目の周りから口にかけては黒色で、鼻やあごは白色をしています。そして、尻尾には黒色のしま模様があります。手は5本指をしており、指が長いのが特徴です。

イタチは全体的に茶褐色をしており、口元は白色で目の周辺が黒色をしています。胴長で短足であることがはっきりと確認できます。

一方で、鼻筋に白いラインがあり、尻尾が長くて胴長の短足なのがハクビシン特有の見た目です。

上記のことから、見分けにくい3つの動物は顔を見るたけでアライグマ・イタチ・ハクビシンと判断をすることができます。もし、家の中に何かが侵入してきたと思った際には、無理のない範囲でどのような容姿をしているのか確認してみましょう。

ハクビシンが住みつくとどんな被害があるの?

住宅に住みついてしまったハクビシンは、どのような被害を与えてくるのでしょうか。

ハクビシンが住宅に侵入した場合にもっとも発生しうるのは、かじったことによるものへの被害です。
電気の配線や住宅の木の板などをかじって壊します。とても強い歯をもっているので、壁の板をかじり、中に侵入して断熱材を使用して巣を作ることもあります。

そして、フン尿を住宅のあちこちでするので、強烈なニオイが発生します。そのまま放置しておくと、その場所の木が腐ってきたり、カビやダニが発生したりすることがあるので危険です。

また、ハクビシンはノミなどの害虫を媒介します。侵入してきた個体の体に寄生されていると、家の中で繁殖してしまう可能性があります。
それらが発生した家で暮らしていると、そこに住む人間やペットにまで影響を受けてしまいます。安易に放置をしてしまうと更なる被害に発展してしまうのです。

ハクビシン自体にも複数の感染症を体内に持っていることがあります。噛まれてしまうとかかる場合もあるため、むやみに触らないようにしましょう。

ハクビシンの駆除方法と予防方法

ハクビシンの駆除方法と予防方法

上記でも説明しましたが、ハクビシンはノミやダニを媒介しており、噛まれたり引っかかれたりすると感染症にかかる恐れがあります。そのため、素人がむやみに捕まえようとするのは危険です。 また、許可なくむやみに捕獲をしたり、殺してしまうことは「鳥獣保護法」禁止されています。このような理由から、素人が捕獲して駆除することは避けた方がよいでしょう。

そのため、多くのハクビシンの駆除方法は、「家から追い出す」「再度侵入を防ぐ・寄せ付けない」という方法で行われます。

まずハクビシンを「家から追い出す」必要があります。一般的に用いられる方法は、ハクビシンが嫌うニオイのついた煙を潜んでいる天井裏などに充満させる方法です。ポイントとしては、侵入口から一番離れている場所から散布するということになります。徐々に侵入口へ追いやることで建物から室外へ誘導できます。この方法を行う際はハクビシン潜んでいる場所などを考慮しましょう。

ただ、煙はうまく充満しない場合があります。届きにくい屋根の先端やコンクリートの仕切りの奥などには、同じくハクビシンが嫌うハッカが配合されたスプレーや酢液などの忌避剤を散布する方法をあわせて行うことをおすすめします。忌避剤はホームセンターやネットなどで簡単購入できるので、試してみましょう。

それでも出てこないときは、ハクビシンが営巣して子供がいる可能性があります。子を守るために警戒してしまっているので離れにくいです。
そのような場合は業者に依頼をするのがおすすめです。業者であれば、適切な方法で追い出すだけでなく、許可を得て捕獲してくれるでしょう。

次に、ハクビシンが家から追い出したら「再度侵入することを防ぎ・寄せ付けない」ことが重要です。

ハクビシンは、家の基礎になる通気口や屋根との隙間など、ほんの少しの隙間からでも侵入してきます。
そのため、どこが侵入口なのかをしっかり確認して塞ぐことが大切です。目の細かい金網を張ったり、金属のタワシを詰めたりするとよいでしょう。

あわせてハクビシンの嫌いなニオイを発する忌避剤を設置すると効果的です。特に、ハクビシンはオオカミが天敵なので、オオカミの尿が配合されている忌避剤を選ぶと効果があります。また、光や超音波を発生する機械を設置するのもよいです。

まとめ

ここまで、ハクビシンの駆除方法と見分け方についてご紹介しました。ハクビシンと聞いて、すぐにどのような動物か思いつく人は少ないと思います。
アライグマ・イタチと比べてハクビシンは鼻筋が白色をしているので、比較的見分けやすい特徴的を持っているといえます。

家に侵入されてしまい住みつかれてしまうと、建物だけでなく人にも影響を及ぼす可能性があります。そのため、早急な駆除をすることが重要となります。
しかし、捕獲するには許可がいるので、「追い出す」「侵入を防ぎ・寄せ付けない」という対策を行うことがポイントとなります。

ただ、自分ひとりでは追い出すことがうまくできない場合もあり、侵入口を特定できない場合も考えられます。そんなときは、業者に依頼しましょう。しっかり、侵入口を確認して、追い出してくれるでしょう。